施主支給

施主支給の仕組み メリット、デメリットは? | 安さの理由を徹底解剖!

施主支給のメリット、デメリット

メリット
購入先の選択肢も多く独自の流通経路や徹底した経費削減により販売価格を抑えております。特に価格的なメリットがございます。

デメリット
お客様ご自身により商品の情報収集、使用確認等を行って頂く必要がございます。メーカーのショールームにてお客様ご自身で定価見積もり書をお取りいただきます。



一般的な流通経路

商品選択の幅が狭くメーカーから商社や複数の問屋を経るため中間マージンが発生し、お客様の購入価格がその分高くなってしまう場合があります。



キッチン東京卸売りセンターの流通経路

ローコストで様々なメーカーの商品の中からお好きな商品をお選びいただけます。
人件費・固定費を極力カットすることにより販売価格を抑えることができております。お客様はメーカーカタログやショールームにてご自分で商品を確認する必要がありますが様々なメーカーの幅広い商品の中から選んでより安く購入していただくことができます。

まずは、ウェブ・紙媒体カタログにて、ご自身の希望の仕様を決め、メーカーショールームにてメーカー見積もりを作成してください。

そのメーカー見積もり書をキッチン東京卸売りセンターの運営会社「キッチントップ株式会社」へメールにてお送り頂ければ、弊社の掛け率にて最終金額を提示致します。

■メールの場合
ktop_tokyo@yahoo.co.jp

施主支給(セシュシキュウ)とは? | コストパフォーマンスを考えたら断然「施主支給」

施主支給(セシュシキュウ)とは

施主支給(セシュシキュウ)とは、施主が自ら直接キッチン・ユニットバス等を購入し、配送の手配などを行い施工会社(ハウスメーカー・工務店・リフォーム会社)に支給する事です。

一般的には家を建てたり、リフォームを行う場合、施工会社に依頼し、設計や施工・監理などを進め、設備機器・建材に関してもプランニングや工事費を含めて契約する場合が殆どです。

設備機器にこだわりがあったり、できるだけコストを抑える為といった理由から、最近主流となっています。(現在使用中の既存設備の流用の場合も施主支給となります。)

購入店とのやり取り(購入手続き・代金支払い)・手配・スケジュール監理も施主に委ねられます。

キッチン東京卸売りセンターではオペレータ・プランナーの商品知識・商品手配のスケジュール等、お客様を全力でカバー致します!
※受注発注となりますので、受注後商社へ発注→お手元に届くまで大凡、2週間前後頂きます。お急ぎの受注はお受けできませんのでご了承くださいませ。

施主支給を決めたら、契約前に施工会社に伝えましょう。契約後だと、施工会社とのトラブルの原因となります。お決まりの商品が御座いましたら弊社フリーダイヤル 0120-249-259へお気軽にお電話下さい。※メールの場合ktop_tokyo@yahoo.co.jp

サイトに無い商品もご相談下さい!弊社の割引率でご案内い致します。
熟練したプランナー・オペレーターがご相談無料・お見積り無料で承ります!

ページトップへ